企業の森づくり サポート制度について

国有林とは

ill_rinya世界有数の森林国といわれている日本。その国土面積の約7割は森林です。

森林は、木材などの生産のほかに、渇水や洪水を緩和し良質な水を育む水源かん養機能、山地災害の防止機能、二酸化炭素の吸収・貯蔵や騒音防止などの生活環境保全機能、レクリエーションの場の提供・教育の場の提供・野生鳥獣の生息の場などの保健文化機能など多面的な機能を持っています。

このように、国民の生活に密接に関係している我が国の森林のうち、約3割を占めているのが国有林です。

国有林野の面積は、758万ヘクタールあり、我が国の国土の約2割、森林面積の約3割を占めています。これを、都道府県別・市町村別に見ると、都道府県別ではすべての都道府県に、市町村別では、約半分の市町村に国有林野が所在しています。

国有林を利用した企業の森林(もり)づくり

photo_rinya_01国有林では、企業や団体等による社会貢献活動の一環としての森林づくり活動のために、国有林のフィールドを積極的に提供しています。国有林を利用した国民参加の森林づくりに、あなたの会社も参加してみませんか。参加するには次のような方法があります。

(1)「法人の森林」を活用した企業の森林づくり

国有林では、企業等に、社会貢献活動の一環として、長期間にわたって企業等の森林づくりを行っていただくため、分収林制度を活用した「法人の森林」制度を推進しています。国有林を利用した企業の森林づくりとして、多くの企業の皆様にご参加いただいております。

「法人の森林」とは

企業等の皆様と国が共に森林を造成・育成し、伐採後の収益を一定の割合で分け合う制度(分収林制度)で、既存の森林の整備を内容とする「分収育林」と、植林によって新たな森林を造成する「分収造林」の2つがあります。

「法人の森林」では

地球温暖化防止や水源のかん養、国土の保全などに役立つ森林づくりという社会貢献をしながら、創立記念などの記念行事としての森林づくり、社員やお客様とのふれあいの場としての森林づくりなどの活動ができます。

また、森林内に会社の名称などを掲げた看板や東屋などの設置ができるほか、植樹や下刈などの作業体験、森林浴などにも利用できます。
さらに、ご契約箇所の森林が発揮している水源かん養、土砂流失防止、二酸化炭素の吸収への貢献度を評価し、企業等の皆様へお知らせします。この結果は、環境レポートなどにもご利用いただけます。

(2)協定制度を活用した国民参加の森林づくり

photo_rinya_02国民参加の森林づくりは、長期間の契約によって樹木の所有権を有し、造林を行ったり費用の一部を負担する分収林制度の他に、樹木などの所有権などの権利を持たないが森林づくりを行いたいという要請等に応えるため、各種協定による国民参加の森林づくりを推進します。

協定締結による国民参加の森林づくりは、企業等の実施主体が森林管理署長等と協定を締結して、国有林のフィールドを活用するものです。

1. 「ふれあいの森」

「ふれあいの森」とは

「森林づくりに参加したい」「森林とふれあいたい」「森林の豊かさを理解したい」という皆様の声に応え、国有林のフィールドを提供するものです。ボランティア団体や企業の皆様が中心となって、森林作業体験や様々なアイデアを活かした森林づくり活動、親林活動(森林に親しむ活動)を楽しむ場としてご利用いただけます。

「ふれあいの森」では

設定された箇所に独自の名前を設定し、植栽、下草刈り、つる切り、除伐などのほか、これらの活動と一体となって行う森林とのふれあい活動(森林浴、自然観察会、森林教室など)を行うことができます。なお、活動に必要な経費は参加する皆様に負担していただきます。また、参加する団体や企業はふれあいの森における植栽木等に関する権利を有しません。

2. 「遊々の森」

photo_rinya_03「遊々の森」とは

子どもたちがさまざまな体験活動や学習活動を行うために、企業、学校、地方公共団体、NPOなどと森林管理署とが協定を結ぶことにより、国有林のフィールドを提供するものです。森林の利用を通じた子どもたちの人格形成や、幅広い知識の習得を行う場としてご利用いただけます。

「遊々の森」では

林業体験、野生動植物の観察、隠れ家つくりなど森林の中で遊び、学ぶ活動が可能ですし、「総合的な学習の時間」での体験活動や緑の少年団を通じた学校外の体験活動の場としてご利用いただけます。また、森林管理署が、活動プログラムの提供、指導者の紹介、必要な情報提供などのサポートを行います。

photo_rinya_04

企業の協力による遊歩道へのウッドチップ舗装

(3)「レクリエーションの森」オフィシャルサポーター

国有林では、森林浴や自然観察に適した国有林を「レクリエーションの森」として選定しています。 この「レクリエーションの森」で、環境美化活動や森林づくり活動、自然観察会の手助けをする自然解説板などの整備に一緒に参加していただける企業団体のサポーターを募集しています。

オフィシャルサポーターとは

「レクリエーションの森」の整備や管理に、地域の協議会やNPOの方々と一緒に参加していただける企業団体です。

企業団体の皆さんに一緒に参加していただきたいこと

「レクリエーションの森」は広く森林とふれあう機会を提供しています。春の新緑や秋の紅葉、夏には涼夏を求めて多くの市民が訪れます。
このような多くの市民に利用される「レクリエーションの森」では、利用者の皆様に森林の役割を学びながら快適に利用していただけるよう、良好な森林景観の保全や環境の美化はもちろんのこと、利用者の皆様の自然観察や環境教育をサポートする自然解説板やテキスト、マップなどの整備などを行っていくことが重要です。
このような取組に、地域の協議会やNPOの方々と一緒になって社員ボランティアや資金面で参加していただける企業を募集しています。

お問い合わせ先

林野庁国有林林野部業務課 国有林野総合利用推進室「緑づくり支援総合窓口」
住所:〒100-8952 東京都千代田区霞ヶ関1-2-1  TEL:03-3503-2038