企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

三重県 三重県「企業の森」制度

「緑の循環」の文化を次代に引き継ぐ伝統の力

地域と森林の特色

伊勢神宮の昔から続く「緑の循環」の文化

photo_mie_01
三重県では、平成18年3月に「三重の森林づくり基本計画」を作成し、中長期的な視点から森林づくりの方針を公表しています。本県の3分の2(約37万4千ha)を占める森林のうち民有林が94%を占めますが、その多くは江戸時代から活発に展開されてきた林業の「木を植え、育て、収穫し、また植える」という「緑の循環」の文化によって守り育てられてきました。その根底には、伊勢神宮が20年に一度執り行う「式年遷宮」を通じて古代より守り伝えてきた「木の文化」-森林と技術を常に更新して次代へと引き継ぐ「常若(とこわか)の思想」-があるといえるでしょう。

さまざまな主体による森林づくり

三重ブランド認定品 ロゴ

三重ブランド認定品 ロゴ

水源かん養や土砂の流出防備、地球温暖化の防止など、森林の公益的機能を維持増進していくためには、「緑の循環」を基本とした林業振興を図りながら、森林を県民共有の財産である「社会資本」と位置づけ、将来にわたり適正に管理していくことが必要となります。

三重県では「三重の木」認定制度による県産材ヒノキのブランド化と域内循環を推進するとともに森林文化の継承や森林環境教育の振興を図り、森林づくりへの県民参画を総合的に進める中で「企業の森づくり」にも積極的な支援策を展開しています。

企業の森づくり

新しいかたちでの森林づくりを総合的にコーディネート

三重県では「三重の森林づくり基本計画」の中で、森林づくりへの県民参画を推進し、県民・NPO等そして企業などの多様な主体による森林づくり活動の推進を図ることとして、県が、企業と森林所有者等とのマッチングを行い、企業による森林づくりを進めています。本県における「企業の森」制度による取り組み実績は、27件(平成23年11月現在)に上っています。

取り組みの事例

シャープ株式会社亀山工場・日東電工株式会社ほか15社
かめやま会故(エコ)の森

かめやま会故(エコ)の森

亀山市関町市瀬にある市有林(8ha)を、自然とふれあう憩いの場として利用できるよう、市と市民、企業が協働して作った整備構想に基づき、「歩ける森、遊べる森、育てる森」を目指して、5年をかけて森林整備活動が進められています。

株式会社LIXIL

伊賀市上阿波字子延地内の森林(1.3ha)で、1年に2度のペースで社員と家族が、チェーンソーを用いた間伐、広葉樹の植樹、下刈りなどを実施するほか、森林環境教育や地域の方々との交流を展開しています。

百五銀行

津市内3箇所で、企業の森活動を展開。社員とその家族がボランティアで広葉樹の植栽を行っています。ネットや防護柵による鹿害対策の実施や下草刈りなどの維持管理は、地元の森林組合が行っています。

三重中央開発株式会社

伊賀市青山町にある市有林(12.3ha)において、スギやヒノキの間伐を実施するほか、雑木林では下層木や枯れた松を除去し、森林の健全化が進めています。また、作業路の開設や展望台を整備するなど、市民に親しまれる森づくりを進めています。

東海ゴム工業株式会社

松阪市勢津にある民有林(30ha)の間伐を5年間で実施します。作業の多くは地元の森林組合に委託して行いますが、年に2回は社員ボランティアによる間伐体験や、地域の方々との交流会も実施しています。

エレコム株式会社

(公社)三重県緑化推進協会の「三重自然の森づくり基金」に寄付を行い、必要な事業費を3年間で造成して、20年計画で地域本来の自然林づくりを進めています。基金事業の第1号活動地、尾鷲市曽根の伐採跡地(18ha)では、地元の飛鳥神社に育つ樹種を参考に樹種選定を行い、森林組合やNPOと連携し、市民の参加も得ながら自然林造成を進めています。

企業の皆様へ

三重県は波静かな伊勢湾、荒波寄せる熊野灘と鈴鹿、大台山系に囲まれ、真珠養殖の筏が浮かぶ伊勢志摩国立公園など自然に恵まれています。 また全国にその名を知られる尾鷲ヒノキなど古くから林業が営まれてきました。

この三重県で、CSR活動の一環として、また社員の研修・福利厚生の場として、森林づくりに参加しませんか。県は、環境保全活動に取り組む企業の皆様とともに、企業と地域の連携を深め、新しいかたちでの森林づくりを総合的にコーディネートしていきます。森林づくりへのご参加をお待ちしております。

制度概要

※平成23年11月30日現在
flow_mie
● 制度の名称:
「三重県「企業の森」制度」
● 制度導入年:平成18年
● 対象森林:市町村有林、私有林
● 契約年数:5年以上(原則)
● 協定締結状況:24社27箇所
● 評価制度の概要:
○CO2吸収量の認証
第三者機関による評価、県知事認証
(平成22年8月より開始)

お問い合わせ先

<行政>
三重県環境森林部 自然環境室 森林環境グループ
● 住所:〒514-8570  三重県津市広明町13
● TEL:059-224-2513
● FAX:059-224-2070
● E-mail:takens00@pref.mie.jp
●ホームページ:http://www.pref.mie.lg.jp/MIDORI/HP/kigyounomori/

<民間>
(公社)三重県緑化推進協会 事務局
● 住所:〒514-0003 津市桜橋1―104 林業会館
● TEL:059-224-9100
● FAX:059-224-9118
● E-mail:mieryokusui@ztv.ne.jp
● ホームページ:http://www.ztv.ne.jp/web/mieryokusui/