企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

熊本県 企業・法人等との協働の森づくり

雄大な「自然」、清涼な「水」、そして「交流」

地域と森林の特色

雄大な自然に囲まれた熊本は
「火の国」「森の国」

阿蘇山と周辺に広がる森林

阿蘇山と周辺に広がる森林

九州の中心に位置する熊本県。平成23年3月には九州新幹線が全線開業し、関西・中国地方からもグッと近くなりました。東に世界最大級のカルデラを持つ「阿蘇」、西に恵み豊かな「天草」と雄大な自然に囲まれ、ダイナミックな景観が体感できるのが魅力です。活火山・阿蘇は火の国熊本のシンボル的な存在。阿蘇神社の火振り神事をはじめ、県内各地で火にちなんだ祭りが行われています。

熊本県は「森の国」でもあります。県土の63%を占める森林は民有林の割合が全国平均に比べても高く、その民有林の人工林率も全国上位で、スギ・ヒノキの素材生産量はそれぞれ全国3位、2位の林業県です。しかし、木材価格の長期低迷などに伴い、森林所有者の経営意欲は減退し、林業担い手の減少・高齢化も進んでいます。このため、人工林の63%を占める間伐対象林の間伐が緊急課題となっています。

そして、熊本は『水の国』
~先人の営みと自然が与えてくれる水の恩恵~

菊池渓谷(名水百選)

菊池渓谷(名水百選)

阿蘇外輪山の麓、吉無田水源の下流域に位置する御船町は、江戸時代、慢性的な水不足に悩まされていました。江戸後期に水不足解消を目的に、営々と水源の森づくりがなされ、スギなど約240万本が植えられたと伝えられています。50年後、豊かな水を育む壮大な水源の森となり、村の人々の暮らしを助けました。自動車や重機がない時代の先人による多大な労苦がしのばれます。森と水は人の手によって育むことができるという先人のメッセージを受け取るべき時代が来ているのだと思います。

南阿蘇温泉郷

南阿蘇温泉郷

熊本市の水道水源は、100%地下水で賄われており、「日本一の地下水都市」と言われています。また、県内には昭和の名水百選、平成の名水百選にそれぞれ4ヶ所、合計8ヶ所が選定されており、これは富山県と並んで全国最多です。阿蘇をはじめとする自然の恵み、豊かな森を育んだ先人の努力が熊本に清涼な水を湛えています。また、意外と知られていないのが温泉。源泉は1,420を数え、これは全国第5位の数を誇り県内全域に湧き出ているのが特徴です。ほとんどの市町村に1ヶ所以上温泉付き宿泊施設があるので、森づくりに参加した後、すぐ近くの温泉で汗を流すこともできます。

人と自然が織りなす「交流」と「おもてなし」

熊本県では、訪れる人が、豊かな自然や文化に触れ、地域で暮らす人との「交流」で感動を体感していただくことを目指して、県独自のガイドラインを設け、「農林漁家民宿」「農林漁家レストラン」「体験」等のレベルアップを図る取り組みを進めています。

「水俣市・久木野ふるさとセンター愛林館」、小国町の「九州ツーリズム大学」、「菊池市・NPO法人きらり水源村」「人吉球磨グリーンツーリズム推進協議会」をはじめ、全国的に見ても先駆的な都市農山村交流事業、持続可能な地域づくりなどが、県内各地で多様な主体によって取り組まれており、豊富な人材が活躍しています。特に、阿蘇地域では「スローな阿蘇づくり」として阿蘇カルデラツーリズム(エコツーリズム・グリーンツーリズム・タウンツーリズム)が推進されており、阿蘇の自然や歴史を知り尽くした案内人が、多彩な体験プログラムをコーディネートしてくれます。

企業の森づくり

みんなで「水とみどりの財産」を次の世代へ

平成23年度 熊本県森林吸収量認証書交付式

平成23年度
熊本県森林吸収量認証書交付式

熊本県では、「県民参加の森林づくり」を実現するため、これまでも企業の皆様の要望に応じて、森づくりフィールドの照会等の取組みを進めてきました。それらの取組みに加え、平成20年12月に、森林整備計画等の助言や森づくり協定への立会等も行う「熊本県企業・法人等と の協働の森づくり指針」を新たに制定しました。さらに、平成22年4月に森林吸収量認証制度(※)を導入し、企業の森づくりに対する支援を行っています。

なお、森林ボランティアの総合的な支援窓口である「熊本県森づくりボランティアネット」を設置し、専門の森林ボランティア活動アドバイザーの配置、技術指導、研修会の開催のほか、道具の貸出しも県内10カ所の拠点で行っています。

※森林吸収量認証制度
前年度の森林整備活動の実績に対して二酸化炭素吸収量を認証するもので、平成23年度に富士フイルム九州(株)ほか16の企業・法人を初めて認証し、知事から認証書の交付を行いました。

認証書は、「熊本県地球温暖化の防止に関する条例」の規定する地球温暖化対策計画制度における温室効果ガスの排出抑制に係る目標を達成する手段として使用することができるほか、企業等のCSRやカーボン・オフセットの取組みにも活用できます。

取り組みの事例

「JTの森 ゆのまえ」(球磨郡湯前町)
「JTの森 ゆのまえ」調印式

「JTの森 ゆのまえ」調印式

日本たばこ産業(株)と湯前町は、平成21年2月、「熊本県企業・法人等との協働の森づくりに関する指針」初の事例となる協定を締結し、間伐を中心に100haを超える森林整備に取り組んでいます。

また、社員や家族が現地を訪れて、植樹などのボランティア活動を行い地元との交流を行っています。

「B・フォレストエコピアの森くまもとin山鹿」(山鹿市)
「B・フォレスト エコピアの森 くまもと in 山鹿」 開所式

「B・フォレスト エコピアの森 くまもと in 山鹿」開所式

(株)ブリヂストンと山鹿市は、平成23年8月、熊本県の立会いのもとに協働の森づくりの協定を締結し、8.28haの森林整備をスタートしました。

調印式では、協定期間の5カ年度分の森林整備活動において、88.45トンの二酸化炭素の吸収が見込まれることの証明書を知事から交付しました。

今回の取り組みが熊本県の森林機能の向上に貢献することが期待されています。

企業の皆様へ

『水の国』熊本を支えてきた豊かな森林ですが、適切に管理されない森林が顕在化するとともに、局地的豪雨による山地災害やシカによる森林被害の拡大など、森林の持つ公益的機能の維持が危惧されています。熊本の宝である「水」のみならず、様々な機能を持ち、私たちの生命を育む森づくりに企業の皆様にご参加いただき、「森林との共生」の実現へ向けて協働していきたいと考えています。ぜひ熊本の森づくりにご協力ください。

制度概要

※平成23年12月1日現在
flow_kumamoto
● 制度の名称:
「企業・法人等との協働の森づくり」
● 制度導入年:平成20年
● 対象森林:県有林、市町村有林、私有林
● 契約年数:3年〜5年程度
● 協定締結状況:7社
● 評価制度の概要:
○CO2吸収量の認証
IPCCが定めた方法により算出
(算出に使用する成長量は、熊本県農林水産部作成のもの)
● その他支援概要:
森林ボランティアリーダー及び初心者研修
森林ボランティア活動報告交流会の開催

お問い合わせ先

<行政>
熊本県 農林水産部 森林局森林整備課 みどり推進班
● 住所:〒862-8570 熊本県熊本市水前寺6-18-1
● TEL:096-333-2441
● FAX:096-383-7704
● E-mail:shinrinseibi@pref.kumamoto.lg.jp
● ホームページ:https://www.pref.kumamoto.jp/hpkiji/pub/List.aspx?c_id=3&class_set_id=2&class_id=2697

<民間>
(社)熊本県緑化推進委員会(森づくりコミッション)事務局
● 住所:〒862-0950 熊本県熊本市水前寺6-5-19
● TEL:096-387-6195
● FAX:096-387-6218
● E-mail:kumamoto.midori@mms.bbiq.jp
● ホームページ:http://www.kumamoto-midori.jp/