企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

高知県 環境先進企業との協働の森づくり事業

森林率No.1! 低炭素社会のトップ・プランナー

地域と森林の特色

循環の営みが身近な土地
~「地球の循環モデル」として~

四万十川

四万十川

県土の84%を占め日本一の森林率を誇る豊かな森林、全国一の日照時間を誇る青い空、最後の清流と呼ばれる四万十川、黒潮洗う太平洋。空から降る恵みの雨が森林を育み、清流となって流域を潤しながら太平洋へ至り、また雨となり空に上がっていく。高知県環境基本計画(第三次)のサブタイトル「高知は地球の循環モデル~空・山・川・海 みんなともだち~」が示すように、高知県には、そんな地球の循環の営みを身近に実感できるという、かけがえのない財産があります。

地球温暖化が進行し効果的な対策が求められているなか、みずからが「地球の循環モデル」となるべく、森林をはじめとする豊かな自然環境を守り、活かし、低炭素社会のトップ・プランナーとして新しい仕組みづくりへのチャレンジを続けていきたいと考え、森林環境税の創設や清流保全のための条例(四万十川条例)を全国に先駆けて制定、また平成17年度からは環境先進企業の皆様と「協働の森づくり事業」を積極的に進めています。今では、74の企業・団体の皆様と累計131件(うち69件の協定が更新されました。)の協働の森を展開しています。

森林県から発信、地球温暖化防止にむけて~全国初「CO2吸収証書」を発行~

森林率全国一を誇る高知県では、早くから造林が積極的に行われてきました。そこからは早い時期から森林を大切な資源として活用してきた姿が見えてきます。

しかし、近年は間伐など手入れの行き届かない森林が増えてきています。そこで、地球温暖化も進むなかで、森林県であるからこそ率先して、森林の再生を通じて地球温暖化防止に貢献していこうという方針をかため、平成19年度には、CO2の削減目標のうち3.8%を森林吸収量で賄うとする京都議定書の約束期間が開始されたことに伴い、京都議定書に準じて算出した森林の「CO2吸収証書」の発行を全国で初めて行いました。

企業の森づくり

協働の森づくり ~地域とのダイレクト・コミュニケーションがキーワード~

環境先進企業の皆様と進めている「協働の森づくり」は、当初から間伐、下刈りなどの「森林の整備活動」と「地域との交流活動」という二本柱のプログラムでスタートしました。各企業ごとにプログラムのバリエーションは驚くほど多様ですが、ご要望を聞き、地元の方々を交え相談しながら、どの活動にもこの二つのエッセンスが入るよう努め、最低でも3カ年は活動を継続していただけるようお願いしています。3年経つと、森がどういう姿に変化していくか少しずつ見えてきます。また企業の皆様とフィールドとなる各地域の方々との間には、プログラムを決める際の意見交換に始まり、整備活動、交流活動を3年間継続して協働することで有機的なつながりが育まれ、そのことこそが森林と地域の活性化につながっていくと実感しているためです。

取り組みの事例

株式会社キリンビール「たっすいがは、いかん!の森」

photo_kochi_05
キリンビールは平成16年から高知県の清流を守る活動を行っており、その一環として四万十町の森林を整備するために、協働の森づくり事業に平成18年から協賛しています。

また、交流活動として行われる、参加者を一般募集しての「たっすいがは、いかん!の森 山の手入れ体験バスツアー」は、間伐や植樹、木工教室をはじめ様々な体験ができるため大変好評で、毎年多くの方が参加しています。

日本たばこ産業株式会社「JTの森 奈半利」

photo_kochi_06
日本たばこ産業は、自然環境の保全や社会貢献活動の分野でも様々な取組みを行っており、平成18年から奈半利町の森林整備のため協働の森づくり事業パートナーズ協定を締結しています。この協定は「森林を健全にすることにより、消波ブロックに生息したサンゴを守ることにつながる。」というストーリーが奈半利町との締結の決め手になりました。

毎年行われる交流活動では、100名を超える多くのJTグループ社員の方や地域住民の方が参加され、間伐体験や海岸の清掃などを行っています。

企業の皆様へ

森林率日本一である高知県。また四万十川をはじめとする豊かな環境資源をこれからの時代に引き継いでいくため、“保全と振興”のバランスをとりながら、企業の皆様と手を携え、新たなチャレンジをしていきたいと考えています。高知の森をともに守り、育てていただける皆様のご参加をお待ちしています。

制度概要

※平成28年2月1日現在
flow_kouchi
● 制度の名称:
「環境先進企業との協働の森づくり事業」
● 制度導入年:平成17年
● 対象森林:市町村有林、私有林、社有林
● 契約年数:3カ年以上
● 協定締結状況:
累計協定数131件、うち69件の協定が更新
74の企業・団体が協賛
● 評価制度の概要:
○県の設置する専門委員会の認証
県によるCO2吸収証書の発行

お問い合わせ先

<行政>
高知県 林業振興・環境部
● 住所:〒780-0850 高知県高知市丸ノ内一丁目7-52
林業環境政策 協働の森づくり事業担当
● TEL:088-821-4586
● FAX:088-821-4576
● E-mail:030701@ken.pref.kochi.lg.jp
● ホームページ:http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/030101/kyoudounomori