企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

岩手県 企業の森づくり制度

自然環境との共生を未来へ「環境王国・いわて」

地域と森林の特色

「環境王国・いわて」への取り組み

北上川と岩手山

北上川と岩手山

岩手県は北海道に次ぎ、日本第2位の面積を有しています。緑豊かな奥羽山脈や北上高地、母なる川・北上川や雄大な三陸の海など、豊かな自然に恵まれ、人々は縄文時代からそれらの恵みとともに生きてきました。「自然の中で生かされている」という価値観は、あらゆる命を尊ぶ平和と環境の都であった奥州平泉の文化や、岩手の自然や風土とのふれあいから生まれた数々の伝統芸能、そして岩手県を「イーハトーブ(理想郷)」と称して愛した宮沢賢治の文学をはじめとした、多くの文化芸術に受け継がれています。

岩手県では2008年、この古くからの「自然との共生」という価値観を未来に引き継ぎ「環境王国」を目指す思いを「いわて環境王国宣言」として発表しました。現在「地球温暖化・省エネ」「ゴミ減量化・3R」「大気・水・自然環境の保全」「環境学習・環境教育の推進」など、日常生活を通じた様々な環境への取り組みが、県民ぐるみで進められています。

森林の恵みで未来を拓く

岩手県の木「ナンブアカマツ」

岩手県の木「ナンブアカマツ」

岩手県は県土の77%を占める約118万haが森林で、全国第2位の森林面積を有する森林県です。岩手県の西側(奥羽山脈沿い)はブナなどの広葉樹、東側(北上高地)にはアカマツ、カラマツが生育しています。木炭、木酢液は全国1位、生しいたけは全国2位の生産量を誇り、林産物の豊かさは全国でもトップクラスに位置しています。生うるしの生産量も全国1位で、浄法寺塗や秀衡塗などの伝統工芸を支えています。

また、森林は、岩手県の目指す「循環型社会」の要でもあります。現在、再生可能で環境にやさしい「木質バイオマス」の価値が、来るべき持続可能な社会のエネルギー源として、国際的に見直されています。岩手県は、日本の木質ペレット生産のさきがけの地です。住田町では、豊富な森林資源と近代的な木材加工設備を背景に「森林林業日本一の町づくり」が進められ、木質バイオマスの利用、後継者育成、保育園から一般社会人までの幅広い年代を対象とした森林環境学習の実施など、森林を基盤とした循環型社会の実現が目指されています。

企業の森づくり

豊かな自然を活かした、豊かな取り組みを提案します

岩手県の林業産出額は、約195億円であり全国におけるシェアは5%となっています。森林経営の担い手の育成や、効率的な木材生産体制の整備などに努めていますが、一方で、森林所有者の高齢化や不在村化などによる森林の荒廃、山村地域の過疎化の進行などの課題も抱えています。このため、地球温暖化防止などの環境保全にも貢献する「森林整備」に、ぜひ企業の皆様にもご協力いただきたく、2009年4月、「企業の森づくり」に関するパンフレットを作成いたしました。皆様のニーズに応じて、バラエティーに富んだフィールドやメニューをご提案させていただきます。例えば、以下のようなメニューが可能です。

1. 社員の皆様のボランティアによる広葉樹の植林はいかがですか?

● 植林は簡単な作業ですので、社員の皆様やご家族のボランティアで実施可能です。

● 植林後5年程度、下草刈りなどが必要となります。

● 費用は、たとえば広葉樹(コナラ)を1ha植林する場合、苗木代が約28万円となります。(あくまでも目安ですので、ご相談ください)

2. 間伐遅れの森林の再生に、資金をご提供いただけませんか?
~間伐により再生する森林を、ぜひ一緒に実感ください~

● 間伐作業は技術を要しますので、ご提供いただいた資金により森林組合などが実施します。

● 費用は、間伐1haに対し、約15万円〜30万円程度のご負担となります。

3. 社員のみなさまの手作りによるレクリエーションの森の整備はいかがですか?

● 社員の皆様が森づくり体験を兼ねて、楽しみながらレクリエーションの森として整備していくものです。

● 完成した森は、社員の方々やご家族のレクリエーションや森林環境学習の場としてご活用いただけます。

● 間伐などが必要な場合、森林組合などに作業を委託する費用が発生することがあります。

岩手県が責任を持って1.フィールド情報の提供や候補地の現地案内 2.活動プランの提案、実行支援 3.森づくり活動の技術指導や森林環境学習の講師派遣 4.森林整備を委託できる事業体の紹介 5.企業と森林所有者の協定締結の仲介 6.活動における二酸化炭素吸収量(指標値)の算出、提供 7.取組みのホームページなどでのご紹介などのサポートを行います。事例はほんの一例ですので、ぜひ皆様のご要望をお聞かせください。

企業の皆様へ

山海の恵みとともに、お待ちしています

山海の恵みとともに、お待ちしています

岩手県では、その自然の多様性が示すように、森づくりでも、多様なフィールドをご用意しています。パンフレットで各候補地の写真や特徴、駐車スペースの有無や可能な活動などの概要を紹介しておりますので、ぜひホームページよりご覧ください。また、三陸の海岸がもたらす新鮮な魚介類や、山菜やキノコなどの山の幸、四季折々に行われる情緒豊かなお祭りなど、岩手県は一年を通した「魅力」にあふれています。農業や漁業の体験、伝統文化の体験などのグリーン・ツーリズムも盛んです。「黄金の國」とも称される恵み豊かな岩手県に、ぜひお越しください。

制度概要

※平成23年12月1日現在
flow_iwate
● 制度の名称:「企業の森づくり制度」
● 制度導入年:平成20年4月
● 対象森林:県有林、市町村有林、私有林
● 契約年数:原則として5年以上
● 協定締結状況:9社
● 評価制度の概要:
○ CO2吸収量の認定
協定に基づく活動によるCO2吸収量を算出し、認定書を交付。

お問い合わせ先

<行政>
岩手県農林水産部森林整備課整備担当
● 住所:〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
● TEL:019-629-5790
● FAX:019-629-5794
● E-mail:AF0011@pref.iwate.jp
● ホームページ:http://www.pref.iwate.jp/soshiki/nousui/011247.html