企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

茨城県 森林づくり情報発信事業

平地が多い茨城で身近なみどりの森づくり

地域と森林の特色

「いばらきの森林」
~平地の割合が多く、変化に富んだ地形~

「子どもの森づくり推進事業」の植樹祭のひとこま

「子どもの森づくり推進事業」の植樹祭のひとこま

茨城県は関東平野から東北地方の山地へと地形が大きく変化します。県南部は利根川、霞ヶ浦に代表される豊かな水系の平野に平地林が広がっています。県北部はスギ、ヒノキを中心とした人工林が多く、林業が盛んな地域です。太平洋に面する約180kmの海岸線には、潮風や飛んでくる砂を防ぐ松などの保安林が約61kmにわたっています。このように多様な森林の形態を持つ茨城県ですが、林野率は3分の1以下と全国でも最も低い部類に位置し、平地が多いことから可住地面積は全国第4位の広さになっています。

木と親しみ、木の文化を受け継いできた県民性

緑の大使やPTA、 アメリカ人講師なども植樹祭に参加

緑の大使やPTA、アメリカ人講師なども植樹祭に参加

一方で、万葉集に数多く詠まれた筑波山を持ち、「常陸国風土記」にも記述があるように茨城は古くから貴重な森林文化を育んできました。また、石油などの化石燃料が主流になるまでは、利根川を利用した首都圏への木炭、木材の一大供給地でした。全国緑化行事発祥の地・桜川市(旧真壁町羽鳥)も在り、低い林野率にも関わらず「緑の少年団」の団体数、団員数がともに全国トップクラスであることからも、今でも木を身近に感じる県民性がうかがえます。

木の文化は、全国第2位の生産量を誇る「うるし」の活用にも脈々と受け継がれています。うるしは、お椀やお皿、お盆、重箱などの日本の伝統的な漆器(ジャパンとも呼ばれる)に欠くことのできない塗料です。平成21年には、県内のうるしのほとんどが生産されている大子町、常陸大宮市の生産組合により「奥久慈うるし振興会」が設立され、うるしの生産・出荷のみならず、うるしを地元で使うことまで含め、日本の貴重な伝統文化を守るための様々な活動が行われています。

未来を担う子どもたちへの森林環境教育では、子どもたちが身近なところで木と触れ合い、木の良さを認識することが重要であることから、地域の方々からのご協力も得て、学校内やその近隣に森林環境教育の拠点となる環境を整備する「子どもの森づくり」に力を入れています。

森林湖沼環境税 ~県民参加の「森」と「水」の保全~

森と水の関係が深い茨城県。平成20年度にスタートした森林湖沼環境税は、森林の保全・整備と、霞ヶ浦をはじめとする湖沼・河川の水質保全に使われています。森林には、私たちが広く恩恵を受けている様々な公益的機能がありますが、近年は管理放棄され荒廃した森林が増加しています。このため、森林湖沼環境税を活用し、「適正な森林整備の推進」「木づかい運動の推進」「県民協働による森林づくりの推進」の3つの柱で様々な事業を展開しています。

企業の森づくり

身近なみどりの「企業の森づくり」へワンストップサービス

企業のCSR活動の一環として「企業の森づくり」を総合的にご提案できるように、相談窓口として茨城県緑化推進機構内に「いばらき森林づくりサポートセンター」を開設しました。フィールドの紹介から、森林所有者との調整、地域・NPOとの連携、森林組合への委託アドバイス、森林ボランティア団体や宿泊先の紹介などまで、森づくりに関するワンストップサービスを行っています。

いばらきの「企業の森づくり」では、首都圏に位置し平地が多い特色を活かして「身近なみどりの企業の森づくり」を心がけています。規模は小さくても、名所旧跡の近くなど象徴となるような「見える場所」から始めているのが特徴です。

「子どもの森づくり」との連動

看板設置

看板設置

活発な「緑の少年団」の活動、力を入れている学校林の整備、子どもたちへの森林環境教育・緑育との取り組みとも連動し、「企業の森づくり」で整備された森林を子どもたちの自然観察や体験活動の場として活用することも考えられます。ワンストップサービスの利点を活かし、学校や地域、森林所有者などとのコーディネートも可能です。

取り組みの事例

「理容の森」(稲敷市浮島)
抵抗性マツの植樹

抵抗性マツの植樹

霞ヶ浦の神話の里「浮島」かつては内海に浮かぶ島で、霞ヶ浦になってからも近年まで白砂青松の水泳場でした。松枯れ病で壊滅的な被害に遭いましたが、茨城県理容生活衛生同業組合の松林再生活動(植林)で見事に復活し、現在は年一回の下刈り作業を行っています。

「ロータリーの森」(那珂市)

東海那珂ロータリークラブの創立記念事業で始まり、松枯れ病被害森林を杉檜と広葉樹の混交林に再生し、現在保育と同時に周辺の森林浴コース整備に発展しています。

「印刷の森」(那珂市)

那珂インター周辺の経営放棄森林で特に不法投棄や水田の日陰被害等の解消を目的に所有者、印刷企業ボランティア、市役所、いばらき森林づくりサポートセンターが一体となって杉林の再生、こさ払いの実施により再生、効果をみた周辺の森林所有者を巻き込んでボランティア活動を広げている状況となっています。

「常陽ふるさとの森」(那珂市)

常陽銀行と県、センターの協定で松枯れ病被害と不法投棄森林を再生させ、植樹祭は創立記念行事になり、毎年の新規採用行員の最初の研修として植林、枝打ち間伐を実施し、協定地を毎年一定面積を増やし、それを銀行内ボランティアクラブが保育作業でフォローしています。

「カスミ共感創造の森」(笠間市)

県内最大手のスーパー「カスミ」が県立自然公園内の火の神様「愛宕神社」隣接の私有林を毎年1haずつ植林・整備。目標は10年、これまで県内各地から公募した参加者で植樹祭を7年連続開催し、年々参加者が増加し、平成29年は700人を超えたほか、笠間市の新規採用職員、カスミの新規採用職員研修を兼ねた下刈り、枝打ち、間伐と保育作業も行っています。

企業の皆様へ

首都圏にある本物の自然

森と川と湖と海が奏でる茨城の豊かな自然を守るため、多様な主体が一体となった継続的な取り組みが重要だと考えています。自然環境と生活環境、伝統文化と先端技術がバランス良く共存する茨城県。人と自然、人と森の関係の未来を切りひらくために、古くから木の文化を受け継いで来た県民とともに、身近な森づくりから始めませんか?

制度概要

※平成29年6月30日現在
flow_ibaraki
● 制度の名称:
「森林づくり情報発信事業」
● 制度導入年:平成20年
● 対象森林:市町村有林、私有林
● 契約年数:原則として3〜5年以上
● 協定締結状況:4団体(企業)
● 評価制度の概要:なし
● その他支援概要:
地元行事や地域連携、宿泊先の紹介など

お問い合わせ先

<行政>
茨城県農林水産部 林政課 森づくり推進室
● 住所:〒310-8555 水戸市笠原町978-6
● TEL:029-301-4021
● FAX:029-301-4039
● E-mail:rinsei3@pref.ibaraki.lg.jp
●ホームページ:http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/nourinsuisan/rinsei

<民間>
(公社)茨城県緑化推進機構
(茨城県緑化推進委員会,いばらき森林づくりサポートセンター(いばらき森づくりコミッション))
● 住所:〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-3-2 林業会館内
● TEL:029-303-2828
● FAX:029-233-2333
● E-mail:info@ibaraki-green.or.jp
● ホームページ:http://www.ibaraki-green.or.jp/