企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

広島県 ひろしまの森林づくりフォーラム

牡蠣をはじめ豊かな食を育む森林と水の再生

地域と森林の特色

日本の四季の縮図・広島県

原爆ドーム(世界遺産)

原爆ドーム(世界遺産)

南には穏やかな瀬戸内海、北にはなだらかな中国山地を抱いている広島県。山と海を抱いたその自然が見せる変化や産物が多様で豊かであることから、「日本の縮図」ともいわれます。

県内には中国山地を水源とする数々の河川が走り、県中央部にある東広島市西条はその水の恵みを生かした日本酒の生産地でもあります。また中国山地から海に注ぎ込む水には多くのプランクトンが生息し、その豊かさが広島湾の牡蠣を育んでいるともいわれています。

みんなで支える「ひろしまの森づくり」

広島県の森林面積は、県土の72%にあたる約61万haで、民有林が92%を占めています。この豊富な森林資源から古くより製塩業やたたら製鉄の燃料など様々な恵みを受け、多様な文化を育んできました。しかし、木材価格の低迷による林業生産活動の停滞や農山村の過疎化、ライフスタイルの変化などから、次第に人と森林の関わりが薄れ、間伐されない人工林や、放置された天然林が増加しています。このまま手入れ不足の森林を放置すると、災害が多発するなど、その回復には膨大な時間と経費がかかります。

このため、広島県では、公益的機能の低下した森林の再生を図るため、平成19年から「ひろしまの森づくり事業」(ひろしまの森づくり県民税)をスタートし、県民や企業など県民全体で森林を守り育てる取組が行われています。

「ひろしまの森林づくりフォーラム」の設立

近年の環境意識の高まりから、地球温暖化防止や水源涵養、県土保全など、森林の持つ公益的機能の重要性があらためて評価されています。広島県では多様な主体による森づくりには、企業や団体、行政の連携と協力が欠かせないことから、平成18年に森づくりや環境貢献を実施している企業や団体を中心に「ひろしまの森林づくりフォーラム」が設立され、企業の森づくり活動を進めています。

「ひろしまの森林づくりフォーラム」の大きな特徴は、森づくりに参加する企業、団体が自ら「ひろしまの森林づくりフォーラム」のメンバーとなり、企業の森づくりだけではなく、ボランティア活動やイベントへの参加,普及啓発(イベント等の情報提供、コーディネートなど)に積極的に参加していく立場にあるという点です。

「ひろしまの森林づくりフォーラム」では、広島県の森林づくりをさまざまな協働のかたちで支えていくことをミッションと考え、現在,19の企業、6団体と行政の3団体が参加する形で活動しています。(参加企業・団体数は平成24年2月29日現在)。

企業の森づくり

共に活動する場をつくる ~協働からはじまる森づくり~

「ひろしまの森林づくりフォーラム」は、企業と森林ボランティア団体が連携を図ることが、森づくりの発展のためには必要なことと考え、森づくりに関わっていただく方々のネットワークづくりに取組んでいます。

フォーラム企業の森づくり活動

企業から活動場所の相談があった場合、市町や森林組合などに連絡し場所の選定のコーディネートや、実際の活動において森林ボランティア団体との連携も支援しています。さらに、その活動をホームページや県の広報誌などで紹介しています。

取り組みの事例

マツダ株式会社の取組


マツダ株式会社は、創立90周年記念の社会貢献事業の一環として、2010年から「ひろしまの森林づくりフォーラム」に参加するとともに、ひろしま遊学の森 広島県緑化センターにある活動の場「マツダの森」(愛称)において、年2回森林保全活動を実施しています。

「マツダの森」は、マツダグループの社員やOBとその家族や友人、森林ボランティア、地域の社会貢献活動メンバーが協同で森林整備を行い、社員が森林の機能を認識し環境保全意識の高揚を図るとともに、地域の方々との交流の場として利用するほか、一般の方もバードウォッチング等のレクレーションの場として活用されています。

2016年は計2回のべ152名の参加があり、森林整備の活動と併せて、森林に関するレクチャーや工作イベントが開かれるなど、より森林に興味をもってもらう取組を行っています。

企業の皆様へ

「ひろしまの森林づくりフォーラム」では、企業ごとに異なる条件やご希望をお伺いし、地域や森林にとって喜ばしいマッチングとなるようにコーディネートも行っています。また、広島県の独自課税の「ひろしまの森づくり事業」の普及啓発事業を受託し、イベントやシンポジウム等の開催や市町における企業の森づくり活動への支援も行っています。

現在の会員数は25団体ですが、今後活動の輪が拡大することを目指しています。是非、ご相談ください。

制度概要

※平成29年6月30日現在
flow_hiroshima
● 制度の名称:
「ひろしまの森林づくりフォーラム」
● 制度導入年:平成18年
● 契約年数:複数年以上
● 協定締結状況:6団体3箇所
● 使用許可等:6団体
● 評価制度の概要:なし
● その他支援概要:
フォーラム会員が合同で実施する企業の森づくり体験イベントの開催,森林環境教育の実施,ボランティア団体・NPOとのコーディネート等。

お問い合わせ先

<行政>
広島県 農林水産局 森林保全課 森づくり推進グループ
● 住所:〒730-8511 広島市中区基町10-52
● TEL:082-513-3694
● FAX:082-223-3583
● E-mail:noushinrin@pref.hiroshima.lg.jp
● ホームページ:http://www.moridukuri.net/

<民間>
ひろしまの森林づくりフォーラム
● 〒730-8511 広島県広島市中区基町10-52 広島県森林保全課内
● TEL:082-513-3694
● FAX:082-223-3583
● E-mail:noushinrin@pref.hiroshima.lg.jp

(社)広島県みどり推進機構
● 〒730-8511 広島県広島市中区基町10-52 広島県森林保全課内
● TEL:082-513-4840
● FAX:082-223-3583