企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

群馬県 企業参加の森林づくり

首都圏の水がめ「緑のダム」のはたらきを高める

地域と森林の特色

首都圏の水がめ 群馬県

緑豊かな群馬の自然 尾瀬ヶ原と至仏山  (尾瀬保護財団提供)

緑豊かな群馬の自然 尾瀬ヶ原と至仏山
 (尾瀬保護財団提供)

群馬県は利根川の水源地であることから、「首都圏の水がめ」と呼ばれています。また県土の三分の二を占める森林は「緑のダム」と呼ばれ、豊かな水を確保する大切な水源の森です。将来にわたって首都圏においしい水を安定的に供給し続けていくためには、群馬の森林の整備が欠かせません。首都圏の水がめである群馬県での「企業参加の森林づくり」を通し、「緑のダム」を守り育むことは、社会的に大きな意義があります。

アクセス抜群 自然たっぷりの群馬県

photo_gunma_05
群馬県の森林は首都東京から約1~2時間の圏内にあります。新幹線、高速道路も整備され、鉄道でも自動車でもアクセスがしやすい立地にあるのが特徴です。

また、北関東自動車道も全面開通し、茨城や栃木、東北方面からの乗り入れも大変便利になりました。

一方で、貴重な自然の宝庫である尾瀬や谷川岳、赤城山、榛名山、妙義山などの優れた自然環境、草津、四万、伊香保、水上をはじめとするたくさんの温泉、そして利根川に注ぎ込む大小さまざまな清流など、たくさんの自然があふれています。 さらに、全国的にも有数の「きのこ」や「くだもの」の生産地でもあります。山地・高原・平野・渓谷などさまざまな場所で、太陽の恵みをたっぷり受けた群馬産の「きのこ」「くだもの」は大変おいしいと評判です。

アクセスの良さと、豊かな自然や多くの温泉地、大地の恵みたっぷりの生産物など、多くの観光要素を兼ね備えた群馬県ならば、森林づくり活動を楽しみながら、様々な体験をすることが可能です。

企業の森づくり

森林のCO2吸収量認証制度がスタート

photo_gunma_09

平成17年にスタートした群馬県の「企業参加の森林づくり」では、県内7カ所の(環境)森林事務所の担当や地元森林組合、森林整備ボランティア団体などのサポーターと連携しながら、森林に親しみながら森林整備を行っていただく活動を支援しております。これまでに延べ58の企業・団体が協定を締結し、平成22年度には年間3,000人を越えるみなさんにご参加いただきました。

さらに、平成22年4月から植栽や間伐などの森林整備活動により吸収する二酸化炭素量を認証する制度を始めました。この制度は、吸収量を記載した認証書を発行するもので、森林づくり活動を数値化することで貢献度が目に見える形となり、対外的にも森林づくり活動をアピールしやすくなるほか、実際に活動をするみなさんにもこれまで以上に「やりがい」や「達成感」を感じていただくことができるはずです。

photo_gunma_06

これまでに10件の申請をいただき、合計で3,252二酸化炭素トンの吸収予定量を認証しています。(平成23年12月現在)

取り組みの事例

顧客や地域との交流

photo_gunma_10
気軽で参加しやすい利点を生かし、「企業参加の森林づくり」を企業の皆様と、顧客や家族、地域住民との交流の場としても活用されている事例をいくつかご紹介します。

【事例1】
企業が主催する植樹祭へ一般から参加者を募集。地元住民や顧客とのコミュニケーションの場として活用しています。

【事例2】
社員とその家族が参加するワークキャンプを開催。親子で伐採した木を整理したり、竹林では枯れたタケをみんなで片付け、春にはタケノコ堀りも楽しみます。家族ぐるみのコミュニケーションの場として活用しています。

【事例3】
子どもたちを対象に、自然観察会やエコロジースクールなどを開催。企業と地域との交流の場として活用しています。

都市と山村との交流

photo_gunma_11
群馬から流れる水を水源としている自治体が中心となり、都市住民が群馬の山村で植栽や下刈り、自然体験学習を楽しみます。山村のイベントにも参加するなど、都市と山村との交流の場として活用しています。

企業の皆様へ

CO2吸収量認証制度で認証された「実績認証量」は、群馬県温暖化防止条例における温室効果ガス排出削減計画書等で、「温室効果ガス排出削減のため実施した取組」として排出量から控除できるようになりました。
そのほか、森林の整備を通じた生物多様性保全への貢献など、企業の皆様のご要望にお応えするため、多様な森林づくり活動を支援させていただきます。首都圏の水がめ、群馬県の森林づくりにぜひご参加ください。お待ちしております。

photo_gunma_12

制度概要

※平成22年9月30日現在
flow_gunma

● 制度の名称:
「企業参加の森林づくり」
● 制度導入年:平成17年
● 対象森林:
県有林、市町村有林、私有林等
● 契約年数:原則として3~5年
● 協定締結状況:協定締結状況:延58団体 現在32箇所で活動中
(平成23年12月1日現在)
● 評価制度の概要:
森林のCO2吸収量認証制度

お問い合わせ先

<行政>
群馬県環境森林部 林政課 森林整備係
● 住所:〒371-8570 群馬県前橋市大手町一丁目1番1号
● TEL:027-226-3221
● FAX:027-223-0154
● E-mail:moridukuri@pref.gunma.jp
● ホームページ:http://www.pref.gunma.jp/ (「企業参加の森林づくり」で検索)

群馬県環境森林部 緑化推進課 緑化推進係
● 住所:〒371-8570 群馬県前橋市大手町一丁目1番1号
● TEL:027-226-3272
● FAX:027-223-0463
● E-mail:ryokukaka@pref.gunma.jp
● ホームページ:http://www.pref.gunma.jp/ (「企業参加の森林づくり」で検索)

群馬県環境森林部 緑化推進課 県営林係
● 住所:〒371-8570 群馬県前橋市大手町一丁目1番1号
● TEL:027-226-3277
● FAX:027-223-0463
● E-mail:ryokukaka@pref.gunma.jp
● ホームページ:http://www.pref.gunma.jp/ (「企業参加の森林づくり」で検索)

<民間>
(社)群馬県緑化推進委員会 事務局
● 住所:〒371-0854 前橋市大渡町1-10-7 県公社総合ビル6階
● TEL:027-280-6257
● FAX:027-255-6265
● E-mail:g-sinrin@arion.ocn.ne.jp