企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

岐阜県 企業との協働による森林づくり

「木の国・山の国」岐阜県
“ならでは”と“こだわり”の森林づくり

地域と森林の特色

「岐阜は木の国山の国」全国屈指の森林県

岐阜県は古くから「飛騨の山、美濃の水」といわれ、岐阜県民の歌にも「岐阜は木の国山の国」と歌われるように、県土面積の81%(86万2千ha)が森林の全国屈指の森林県です。その面積は琵琶湖の約13倍に相当します。岐阜県民は古来より、豊かな森林に囲まれたこの地を生活の場とし、糧を得て、また人と森林の様々な関わり合いを通じて、現在の岐阜の自然景観や独特の生活文化を形作ってきました。

揺るぎない長期展望と県民協働による持続可能な森林づくり

photo_gifu_01

岐阜県森林づくりキャラクター

21世紀は環境の世紀とも言われる中で、森林の環境財としての評価は高まりを見せています。将来にわたり森林を持続可能な状態に維持し、健全で豊かな状態で次の世代に引き継ぐためには、今までのように、林業関係者等の限られた人たちに頼っていくことはできません。そこで本県では、平成18年に第67回全国植樹祭の開催に合わせて「岐阜県森林づくり基本条例」を施行しました。平成29年からは「第3期岐阜県森林づくり基本計画」がスタートとなり、これまで、取り組んできました「生きた森林づくり」、「恵みの森林づくり」に、新たに「100年先の森林づくり」を加え、3つの基本方針により、林業経営、環境保全や次世代への望ましい森林の姿を示す取り組みを進めています。

企業の森づくり

企業との協働による森林づくりを推進

これからの時代は、森林所有者や林業関係者に加えて、県民・森林づくり活動団体・企業等による「社会全体で支える森林づくり」が必要になります。本県では「岐阜県森林づくり基本計画」(平成18年12月策定)に掲げる「県民協働による森林づくりプロジェクト」の一環として、市町村と連携しながら、企業の皆さまが森林づくりに参加しやすい制度として「企業との協働による森林づくり」を平成19年4月からスタートしました。 CSRによる森林整備活動への参加を希望される企業の皆さまへ、本県では相談・計画・協定・認証・PRまでの「6つの支援策」を整備しています。新たな取り組みとして「岐阜県地球環境の保全のための森林づくり条例」による「CO2認定制度」も開始しました。 詳しくは是非ホームページをご覧ください。
http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo-koyo/ringyo-mokuzai-sangyo/hitozukuri/kigyo-kyodo/

取り組みの事例

トヨタ紡織株式会社(本社・愛知県刈谷市)
トヨタ紡織グループ 『環境の森』加子母

トヨタ紡織グループ
『環境の森』加子母

平成20年4月7日(月)、「トヨタ紡織グループ『環境の森』加子母」(中津川市)において、トヨタ紡織株式会社の新入社員や地域住民ら約200人が参加して、第1回森林づくり活動が行われました。同森は、本県の「企業との協働による森林づくり」協定第1号の活動地で、7.05haの市有林を借り受けて、平成20年から30年まで、社員やその家族が地域住民の協力を得て、社会貢献、社員教育の活動の場として植樹や間伐などの森林づくりを進めます。また、森林づくりをきっかけに、同社のバスケットボールチームによるバスケットボール教室の開催や、地元中学生が工場見学や社内駅伝大会に参加するなど、地域交流も盛んに行われています。

ブラザー工業株式会社(本社・名古屋市)
ブラザーの森 郡上

ブラザーの森 郡上

平成20年6月14日(土)、「ブラザーの森 郡上」(郡上市)において、ブラザー工業株式会社の国内グループ社員やその家族、地元関係者ら約120人が参加して、第1回森林づくり活動が行われました。この取り組みは、平成20年のブラザーグループ創業100周年を記念し環境保全を目的とした森林保全活動です。ブラザーグループでは、社員やその家族、イベント来訪者等を対象とした「エコポイント活動」を実施しており、そのポイント数を植樹する木の本数に換算し「ブラザーの森 郡上」での植樹活動にあてる仕組みを展開しています。今後、10年をかけて、8haの植樹の他、同市内の2カ所で20haの間伐を進めます。

イビデン株式会社(本社・岐阜県大垣市)
イビデンの森

イビデンの森

平成20年11月16日(日)、「イビデンの森」(揖斐川町)において、イビデングループの社員やその家族、地域住民ら約200人が参加して、第1回森林づくり活動が行われました。区有林と町有林あわせて41.31haを対象に、社員や地元住民、NPO法人揖斐自然環境レンジャーの皆さんが協働で植樹や間伐など揖斐川上流域の森林づくりを進めます。イビデン株式会社の森林づくりは「岐阜県地球環境の保全のための森林づくり条例」(平成20年7月施行)に基づく事業者第1号で、県では今後、森林づくり活動により生じたCO2吸収量を同社のCO2排出量から相殺できるCO2吸収量として認定します。

 

企業の皆様へ

岐阜県では企業の皆さまが求める様々な森林づくりの実現のため、企業訪問や説明会、ホームページ等を通じて、「木の国・山の国」岐阜県 “ならでは” と “こだわり” の森林づくり計画や活動場所の紹介、森林所有者との仲介などを行っています。

制度概要

※平成29年6月30日現在
flow_gifu
● 制度の名称:
「企業との協働による森林づくり」
● 制度導入年:平成19年
● 対象森林:県有林、市町村有林他
● 契約年数:3~30年
● 協定締結状況:
22企業・団体(参加企業数76社)
● 評価制度の概要:
岐阜県森林づくり基本計画に基づく
「実施状況報告書」(年次)

お問い合わせ先

<行政>
岐阜県 林政部 恵みの森づくり推進課 緑化推進係
● 住所:〒500-8570 岐阜県岐阜市薮田南2-1-1
● TEL:058-272-8473
● FAX:058-278-2701
● E-mail:c11513@pref.gif.lg.jp
●ホームページ:http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo-koyo/ringyo-mokuzai-sangyo/hitozukuri/kigyo-kyodo/

(公社)岐阜県緑化推進委員会 事務局
● 住所:〒500-8356 岐阜市六条江東2-5-6 ぎふ森林文化センター
● TEL:058-273-7577
● FAX:058-273-7547
● E-mail:gifu-ryokusui@mtj.biglobe.ne.jp
● ホームページ:http://www.gifu-ryokusui.jp/