企業の森づくりサポート制度

全国各地で提供されている、 特色ある「企業の森づくり」サポート制度を、都道府県別にご紹介します。

富山県 とやまの森づくりサポートセンター

豊かな植生が残る急峻な富山の壮大な自然

地域と森林の特色photo_toyama_01

企業の森の活動に参加される従業員やご家族のために、充実したサポート体制を敷いている富山県。森づくりははじめてといった場合でも、きっと安心して参加することができると思います。また立山・黒部に代表される豊かな自然が堪能できるのも、富山県ならではの魅力です。

豊かな自然を今に残す富山県

photo_toyama_02
東に3,000m級の北アルプス、南に飛騨山地、西に医王山から連なる丘陵があり、北は水深が1,000mに達する富山湾。その高低差、4,000m。富山県は、急峻な日本列島を凝縮したかのような地形を有しており、そこで育まれた豊かな自然は、本州一植生自然度が高いという評価もあります。古来からの豊かな自然をそのまま今に残しているのが、富山県の大きな魅力といえるでしょう。

立山黒部アルペンルートや黒部ダム、黒部峡谷のトロッコ電車などに代表される、訪れた人を圧倒するスケールの大自然。独特の海底地形と複雑な海流により、1年を通して多種多様な魚介が水揚げされ「天然の生け簀」と形容される富山湾。世界遺産五箇山の合掌造り集落や、伝統的建築「吾妻建」、屋敷林「かいにょ」といった独特の集落形態を残す散居村など、人と自然の共生によって育まれた文化遺産。

森づくりをきっかけにして、山、海、秘境の郷などスケールの大きな観光資源を楽しむことができるのは大きな魅力。またこのような環境を活かして、森と海、森と暮らしのつながりを感じるといった環境教育的な発展も期待できるのではないでしょうか。

充実したサポート体制を敷く「とやまの森づくりサポートセンター」

photo_toyama_03
近年、自然の荒廃が叫ばれていますが、豊かな自然を誇る富山県もその例外ではありません。クマが里におりてきて多くの方が人身被害に遭われたり、海への流木の被害や風雪被害林の発生も相次いでいます。これらは適切な森林の保全・整備がなされていないことが原因だと考えられていますが、問題解決のためには森林所有者や山村住民の努力だけでは困難です。そんな中、県民や森林所有者からは「富山の森づくりを県民全体で進めるためには新たな負担があっても構わない」という声が大勢を占めるようになりました。そうした声を踏まえ、県民参加の森づくりを謳った「富山県森づくり条例」が、平成18年に制定され、県民全体で支える森づくりの推進に関する基本理念を定めました。

富山県の森づくりの基本的な考え方としては、できるだけ多くの方に参加してもらいたいということがあげられます。そして、多くの人の参加・活動を安全に支えるために、全国随一ともいえる充実したサポート体制を敷いているのが「とやまの森づくりサポートセンター」です。

「とやまの森づくりサポートセンター」には、森づくりをサポートする専門のメンバーが常駐。森林ボランティアの安全・技術指導や運営支援などを行っていますので、森づくりに関する経験やノウハウ、人材などが充実しています。

企業の森づくり

富山県の森づくりは、人づくりでもあります

photo_toyama_04
「とやまの森づくりサポートセンター」が、企業の森づくりを手厚くサポートします。作業を行う前に、まず出張講座で技術・安全指導を行ったり、作業に際してもヘルメットなどの道具を無償でお貸しするなどしていますので、従業員やそのご家族の方にも安心して森づくりに参加していただけることと思います。北陸電力や富山村田製作所、北陸コカ・コーラボトリングの事例など、これまでの企業の森の活動におきましても、多くの従業員やご家族の方々に参加いただいています。

こうして多くの方々に実際に森づくりに参加してもらう中から、森に親しむ人をひとりでも多く育てていきたい。富山県の目指す森づくりは、同時に人づくりでもあるのです。

取り組みの事例

地域との交流を育む基盤も充実

従業員やご家族の方が森づくりに参加することで、地元住民の方との交流も育まれています。例えば、北陸コカ・コーラボトリング(株)の「うるおいの森づくり」は、工場の上流域にあたる水源の森を整備する活動をはじめて13年目になりますが、毎回、従業員やご家族、地元住民など年間300名程の方々が参加しています。また、森林整備の他、環境教育やクラフトづくりなど、地元住民との交流も回を重ねる毎に深まっています。

「とやまの森づくりサポートセンター」には、NPO法人など123のボランティア団体が登録(H29.6.30現在)しており、森林整備の他に環境教育や自然体験活動などフィールドにあわせたユニークな活動を行っています。企業の森の取り組みと、こうしたボランティア団体の活動とを連携することで、従業員研修や福利厚生での活用、さらには地域交流にまでつながった横断的なCSRの取り組みへと発展させていくこともできると思います。

企業の皆様へ

豊かな自然を誇る富山県で、安心安全に森づくりを。はじめませんか?とやまの森づくり。

制度概要

※平成29年6月30日現在
flow_toyama
● 制度の名称:
「とやまの森づくりサポートセンター」
● 制度導入年:平成17年
● 対象森林:
県有林、市町有林、私有林
● 契約年数:
森林所有者との協議による。
● 協定締結状況:
● 評価制度の概要:なし
● その他支援概要:
技術研修(森づくり塾)の開催、
登録団体の交流支援

お問い合わせ先

<行政>
富山県農林水産部 森林政策課 森づくり推進班 普及担当
● 住所:〒930-8501 富山県富山市新総曲輪1番7号
● TEL:076-444-3389
● FAX:076-444-4428
● E-mail:http://www.pref.toyama.jp/form.html(「富山県へのご意見・ご質問」に記入ください)
● ホームページ:http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1603/index.html

<民間>
(公社)とやま緑化推進機構(森づくりコミッション)事務局
● 住所:〒930-0096 富山県富山市舟橋北町4番19号
● TEL:076-441-6186
● FAX:076-433-6100
● E-mail:toyama-ryokusui@jasmine.con.ne.jp

(公社)富山県農林水産公社(とやまの森づくりサポートセンター)
● 住所:〒930-0096 富山県富山市舟橋北町4番19号
● TEL:076-441-6196
● FAX:076-432-7086
● E-mail:saposen@taff.or.jp
● ホームページ:http://taff.or.jp/saposen/