日本の森林とその役割

日本は、森林面積が2,512万haと、国土の約2/3を占める世界有数の緑豊かな森林国です。そして、山地・山脈が多く占める国土は、南北に長く標高差も大きいことから多様な気候帯に包まれており、地域の気候・風土に合わせて多彩な森林が形成されています。

また、日本は非常に地形が急峻であるとともに降雨量が多いことから、私たちは遠い昔から自然災害を防ぐために森林を治める一方で、賢く守り育てることで、森林が生み出す多様な恵みを活かしながら暮らしてきました。

ここでは、私たちの暮らしを支える森林のさまざまな機能を紹介します。